NEWS

広報たからづかに掲載されました

2020年10月12日

宝塚市の広報誌「広報たからづか」2020年8月号に、じもたすの紹介記事が掲載されました。

じもたすとは

じもたすは、COVID-19で課題になった「距離」や「時間」にとらわれずに相手とのコミュニケーションを取ることができるテクノロジーの強みを生かし、「密」を減らしながらも、地域との関わりを絶やさないようなツールやサービスを紹介・開発・提供する事業です。

自分たちのまちのことは、自分たちで考えよう

どうすれば、密を減らしながら、地域でみまもり、助け合い、つながることができるか。

第一弾は”Withコロナのお買い物”をテーマに、単なる売り買いのツールではなく、地域経済に”つながり”を”プラス”し、経済だけでなく地域福祉にも一役買うことができるサービスを目指しています。「あんしん・あんぜんをつなぐWithコロナのお買い物」をぜひ、じもたすと一緒に考えてみませんか。第二弾は「密にならない防災訓練」をリリース予定です。

新しく何かをしたい人たちの交差点「まちかど農園POSTo」

じもたすの中心メンバーは、逆瀬川のコワーキングスペース「まちかど農園POSTo」で出会い、拠点として活動しています。今はオンラインでのやりとりが主ですが、タイミングが合えば皆様にも会えるかも。活動詳細はじもたすの公式サイトをチェックしてくださいね。