aboutの写真

じもたすとは?

「地元をプラスでつなげる」
ための交流拠点。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響によって、地域社会にも多くの課題が生まれています。その解決策を地元の皆さんと一緒に考え、立ち向かうための仕組みをつくる拠点となるのが「じもたす」です。

「“自分たちのまち” のことは、
自分たちで考える!

何を使ったらいい?

じもたすと一緒に
考えていきましょう!

じもたすは、地元の皆さんが抱える課題を、ICT(情報通信技術)を使って解決へと導きます。

aboutの写真

じもたすの
ミッション

地元に根づく人たちを結び、
地域社会に好循環を。

COVID-19の感染拡大を受け、外出自粛やビジネスのオンライン化など、社会では新しい生活様式が求められるようになりました。そんな状況下でも地域との関わりを絶やさないようにとICTの強みを生かせるメンバーが中心となって立ち上げたのがじもたすです。
withコロナの暮らしの役に立ち、地元の人たちが助け合えるようなパーツやツール、システムをつくることで、地域社会に好循環を生みだします。

ギアのイメージ

事業者・消費者・行政・コミュニティが、それぞれ独自に動いている状態では、地域社会は
一体となってスムーズに回りづらいものです。

下向きの矢印
ギアのイメージ

じもたすは、それぞれの動きを結んで地域社会を円滑に回す、ギア(歯車)の役割を果たします。

所在地

宝塚市野上1丁目1-8 まちかど農園POSTo内

運営会社

株式会社 地域ICT研究所

株式会社 地域ICT研究所